ゴールデンエイジとは

成長過程の中でのゴールデンエイジ

お子様の成長過程の中でゴールデンエイジと言われる年齢をご存知でしょうか。
 下の図をご覧ください。誕生から成熟するまでの成長は分野によって異なります。
 注目していただきたい点は「神経系の発達」です。5歳までに約80%、12歳までに約100%成長します。様々な神経回路が形成されていく大切な過程となります。この9歳から12歳までが「ゴールデンエイジ」と呼ばれ、日本では「臨界期」とも呼ばれています。
 また神経系は一度その経路が出来上がるとなかなか消えません。これは、いったん自転車に乗れるようになると何年間も乗らなくても、いつでもスムーズに乗ることが出来ることからも、この理論は理解できると思います。この時期に、多種多様な動きを経験させ、神経回路に様々な刺激を与えることは、とても大切なことなのです。
 成人になってからの運動神経とこの頃の運動神経は同じとも言われています。


プレ・ゴールデンエイジ(4歳ごろ〜小学校低学年)

・神経系の発達過程時期であり、体内にさまざまな神経回路が次々と張りめぐらされていく大切な時期。
・常に新しいものに興味が移り、神経回路にさまざまな刺激を与え、神経系の配線をより多様に形成していく。
・非常に高い集中力を持ちながらも、常に多種多様な刺激を身体が求めている。
・集中力を利用し、飽きさせないで楽しませるために多種多様な身体運動を含む『遊び』を与え体に覚えさせる。(鬼ごっこや、木登り、ボールを使ったさまざまな遊びなど)
・スポーツの基礎づくりが多面的であればあるほど、後に専門的な覚えるのがはやいと言われてる。
・色々な遊びに次々と気持ちが移る子ほど後々大きな成長を遂げると言われてる。

ゴールデンエイジ(小学校高学年)
・『即座の習得』を備えた動作習得にとってもっとも有利な時期。
・神経系の発達がほぼ完成に近づく。
・身体形態的にもやや安定した時期。
・動作の習得に対する準備も整い、『可塑性』と呼ばれる脳・神経系の柔らかい性質も残している非常に特異な時期。
・自我が形成する時期。自身で考えることを身につけさせるには最適。
・筋肉・骨格が未発達でスピードやパワーの要求はできない。
・技術面の習得を重視する。

ポスト・ゴールデンエイジ(中学生)
・心肺機能の向上と共に、筋肉・骨格が急速に伸びるのでスピードやパワーが備わる。
・体のバランスがそれまでとは異るため新しい技術の習得は不向き。習得したことも一時的にできなくなることもある。
・理論的理解力の向上。
・課題を与え、自身でクリアするためのサポートをする。

↑